シネマ・ページ

採点は100点満点。平均の50点以下は青い、60点以上から赤いになります。
満点は★★★★★★★★★★

 山猫は眠らない3 決別の照準
 致命的な傷を負い傷病除隊となっていた海兵隊の凄腕スナイパー、ベケット。やがて、その経験と衰えぬ腕前を買われ復職を果したベケットだが、様変わりした部隊に馴染めず、酒浸りの日々が続く。そんな彼にある日、NSA(国家安全保障局)から新たな任務が告げられる。それは、ベトナムでテロを組織するポール・フィネガンを抹殺せよというものだった。実はポールはベケットにとってベトナム戦争時代の戦友であり、命の恩人でもあった。戸惑いながらもその過酷な任務を引き受けたベケットだったが、そんな心の乱れが災いしてミスを犯してしまう…。
採  点 ★★★★★
出演者など トム・ベレンジャー、バイロン・マン 2004 米
寸  評 敵の射撃の腕前の悪さは、この映画に限ったことではないが、相変わらず悪いねぇ〜。命の恩人抹殺の使命とはいえ、外してしまってはスナイパーの名がすたるというもんだ。ラストの「一撃二殺」シーンは、へぇ〜、なるほど〜って感じ。原題「スナイパー3」と邦題の「山猫…」の違いがわからない。それに3というくらいだから1と2もあったのではないかと考えてしまう。
鑑賞日 2006年10月

 ヤング・ブラッド
 有名なデュマ原作の「三銃士」を香港映画に多く見られるワイヤーアクションを取り入れ、激しい剣劇描写を交えて描いた痛快アクション。
採  点
★★★★★
出演者など
ジャスティン・チェンバース、ティム・ロス 2001 米
寸  評
最後のハシゴを介しての決闘はまずまずの迫力があって良かった。ストーリーが少し複雑なところがあったが、結局は両親を無残にも殺された主人公が敵を討つという単純なもの。悪党フェブルの見事なまでの憎たらしさが見る者を多いに興奮させた。私の中学時代に絶頂期だったカトリーヌ・ドヌーブが大妃役で出ていたのにはビックリ。未だ、健在ってとこか。ミーナ・スバーリの愛くるしい瞳が印象に残った。
鑑賞日
2003年2月

Go to back