2020年10月の「How Are You!」

八甲田ロープウェー 濃霧の登山道
八甲田ロープウェー山頂駅 登山客とスレ違う
赤倉岳頂上付近
息絶え絶えで赤倉岳頂上付近に到達
復路のロープウェー
帰路で少し標高下がると見事な紅葉が目に広がってきた
紅葉する八甲田
山頂付近はすでに紅葉は終わり、中腹が見頃だった
酸ヶ湯
酸ヶ湯公共駐車場周辺の紅葉
地獄沼
地獄沼
睡蓮沼
睡蓮沼

マイ動画・八甲田山の紅葉

掲載日  10/14

 青空の中での紅葉が見たくて天気予報とにらめっこしていたところ、13日が晴れると言うので、この日に決定。ところが前夜の予報で「午前中は曇り、昼過ぎから晴れる」に変わり、少し雲行きが怪しくなってくる。でもまぁ、昼にはお天気も回復するのだからと、準備を整えて八甲田に向かいました。

 午前9時前、八甲田ロープウェー山麓駅に到着。
 ん〜〜、ココでも霧が濃いのに山頂はもっと視界が悪いだろうなと当たり前の見立てをしてゴンドラに乗りました。出発してすぐゴンドラは霧に包まれ、何も見えない。10分で山頂駅に到着。予想通りのホワイトな世界。出発前に気が付いていたことですが、登山目的の方達はステッキや長靴など立派な容姿。一方、自分はウエアは彼らと同じ某アウトドアメーカーのモノですが、スニーカーとステッキ無しだけが違ってる。一応、何かあった時のためを考えて食料は多めに積んでいます(笑)。

 目指すは大岳。途中、木で出来た道をスタスタ歩き、この調子ならイケると鼻歌を歌ってましたが、徐々に勾配がきつくなり、長い登り階段でゼーゼーハーハー状態になりました。大岳まで残り600mほどだったか、木製フェンスのある若干平らな場所にたどり着いたのでGoogleマップで確認すると、確かではないが赤倉岳っぽい。思案した結果、右膝に痛みが出て、階段を上がるのが辛くなってきたのと、立て看板に「この先、崖沿いのルートとなり風が強い時は注意すること」と書かれているのを見て、一人登山ゆえ、何かが起こっても助けて貰えないので、無念の前進断念しました。

 途中でスレ違う登山客と軽い挨拶を交わすと、なぁ〜んか勝手な思い込みかもしれないけど親近感というか仲間意識が働きますね。来年の良い天候を狙って、再アタックします。

 帰りのロープウェーで、雲を通り過ぎた瞬間に目の前に紅葉のパノラマが広がり、今日の苦しさを一気に忘れることが出来ました。その後、車を酸ヶ湯方面に走らせ、撮った写真をアップしてみました。もちろん動画も撮っているので、現在、編集中です。


  だいぶ遅くなりましたが、動画が完成しました。ご覧ください(10/25)


Back