あすぱむ合衆国 TopPage
Last Update  2018年09月21日 (金) 0:36 am

神戸VS札幌
Jリーグ第25節、ヴィッセル神戸VSコンサドーレ札幌を観に札幌市へ行ってきました
大倉シャンツェ
14時試合開始までの空き時間は大倉山展望台へ行きました
サッポロビール博物館
試合終了後はサッポロビール園へ
JRタワーからの眺望夜景
ビール満喫後、JRタワーに昇って夜景…いや、絶景!を堪能
シルバーティアラ
弾丸ツアーの復路は、今春、就航したばかりの新造船シルバーティアラで八戸に帰着

ごきげん、いかがですか!! I'm fine thank you!?

 欧州サッカーリーグやW杯サッカーで輝かしい経歴を残した二人の選手がどうしても観たくて、札幌ツアーを敢行しました。

 ポドルスキーとイニエスタ。二人とも間違いなく大物。
 この二人がヴィッセル神戸というチームに在籍するとなれば観ておかないと後悔するだろうと思い、いろいろと調べたところ、9/1(土)の札幌戦がベストだと判明。自分は鹿島アントラーズをサポートする身ではあるものの、一日だけのヴィッセル神戸サポーターとなることを決意しました。

 早速、宿を取ろうとビジネスホテルをチェックしてみると、なんと!一泊2万円以上でないと残っていないことに大慌て。その理由が正しいかどうかは不明ですが、この日、矢沢永吉のライブがあり、それが影響したらしい。それと同時に、あとからわかったことですが、神戸対札幌戦が二人の高い人気もあり、今シーズン最高の観客数32,475人を記録したことも考えられます。自分が過去に観たJリーグゲームで3万人越えは有りませんでした。せいぜい2万人弱。
 話戻って、しょうがなく、帰りの船シルバーティアラの2等寝台Aを取って(個室なのでホテル宿泊と同等だろうと判断)、札幌滞在わずか15時間の弾丸ツアーが決まりました。

 札幌は大学受験で訪れて以来(残念ながら失敗:悲)、41年ぶりの訪問。貴重な15時間をいかに充実した旅行にするか熟考した結果、札幌ドーム以外の三つのポイントをピックアップしました。

 大倉シャンツェ(この呼び名はもう古いらしい)、サッポロビール園、JRタワー。

 当初、Jリーグが一番の関心事で札幌観光は二の次でしたが、終えてみて間違いだったことがわかりました。その辺は徒然草で詳しくお伝えしたいと思います。

 自分が作った分刻みのツアー計画は、ほぼ予定通りに進んだものの、きつかった。前述のシルバーティアラの2等寝台Aは、窓もなく閉ざされた狭い空間のため、快適とは言えないかもしれませんが、かなりリラックスできて良かった(ちなみに行きの便も船でしたが、20名ほどが一部屋に泊まる大部屋)。やっぱ一人になる時間は必要ですね。

 とりあえず、プロローグとして札幌弾丸ツアーのさわりをアップして、無事に帰還したことを報告致します。JRタワーから見る夜景が思いの外、素晴らしかった!


 札幌から戻って4日後の9/6、北海道で最大震度7の巨大地震が起こりました。驚きました。
 大倉山展望台や札幌ドーム、サッポロビール園、JRタワーで出会った人達はどんな恐怖を感じたのでしょうか。停電によって、あの綺麗な夜景が真っ暗になったなんて考えられません。
 また、もしタイミング悪く被災していたらと想像すると寒気が走ります。頼りのスマホが残量ゼロになり、一人でどうしようもなく途方にくれてたかも。ヤバかった〜。
 北海道の一日も早い復興を願います。(9/9追記)


 風邪を引いたこともあって、遅れましたが、やっと徒然草・札幌ツアー編が完成しました。
 ココをクリックするか、徒然草からお入りになってご覧下さい。(9/21追記)

(9/2) 
過去の「How Are You !」(2001年8月〜)はココをクリックして下さい


シルバーエイト模型
シルバーフェリーが運航するシルバーエイトの模型。苫小牧まで約8時間
スタンプラリー 道の駅ろくのへ
スタンプがどんどん増加中 道の駅ろくのへでスタンプゲット

ごきげん、いかがですか!! I'm fine thank you!?

 青森県内あちこちを走るフットワークの良さを会社の同僚に見込まれて(笑)、津軽海峡フェリーが企画したスタンプラリーへの参加協力を依頼されました。

 青森県内と北海道の道南の道の駅43箇所、フェリーターミナル3箇所、5つのフェリー、みなとオアシス7箇所、スタッフのおすすめ1箇所に用意されたスタンプを集めるとスタンプの数に応じて賞へ応募することができるというもの。

 すべて制覇すると完走賞(抽選で5名にJTB旅行券5万円分)などのご褒美があります。
 これは無理。でも面白いなと思ったので「制覇小賞(抽選で12名にJTB旅行券1万円分)」を目指し、スタンプゲットのため走り始めました。白内障の手術後、邪魔だった白いモヤモヤが消え、ドライブが楽しいというのもあります。

 企画の締め切りは来年の1月13日でしてホントは急がなくてもイイのですが、釣りの後半戦が始まると時間が取れなくなるので、今のうちにってことで、あちこち走り回って、現在、23スタンプが集まりました。
 「制覇小賞」をクリアするだけのスタンプを集めたとしても、抽選という関門があり、確実に貰えるわけじゃありません。よって、賞品にはそんなに固執しておらず、道の駅巡りをして、ご当地ソフトクリームを食べるのが目的(すべての道の駅で食べているわけじゃありません)。

 20日は県南エリアをまわって、一気に6スタンプをゲットしました。こういう企画でも無いと、おそらく車を停めることもないであろう道の駅。最初はただ単にスタンプだけ押して、次のターゲットに走ってましたが、少し立ち止まって館内を見てみると、野菜や果物が安いのなんの。
 ひと袋120円で売られているのをみると、つい爆買いしそうですが、ほどほどに買い物して車を走らせるように最近はなっています。

 さて、八戸ではフェリーターミナルに行ってみました。ココはスタンプラリーと関係ありませんが、近日中にチョイと北海道に行ってみようかな?と計画中で、八戸ー苫小牧のフェリーに乗りたかったので視察のため寄ってみました。計画は未定ですが、大きなフェリーを目の当たりにして、こんなので8時間の船旅も悪くないなと、少し乗り気になってきました。どうしよっかなぁ〜〜。

(8/20) 
過去の「How Are You !」(2001年8月〜)はココをクリックして下さい


青森ねぶた 2018(8/6撮影)

北村麻子作のねぶた
女性ねぶた絵師にしては力強すぎる作品。北村麻子さんのねぶたには今年も注目です
アスパムとねぶた小屋 ねぶた小屋
アスパムの西側と東側にねぶた小屋が有ります  日中は入り口が大体閉まっているので、どうしても見たいのであれば夕方の出陣前がよろしいかと
ねぶた2 ねぶた
ぱしふぃっく・びいなす
4日は「ぱしふぃっくびいなす」が新中央埠頭に接岸していました

ごきげん、いかがですか!! I'm fine thank you!?

 4日昼、ねぶた小屋のチェックに行ってきました。祭り三日目ともなるとボルテージも上がるはずなのですが、天気予報が伝える「下り坂」が少し影響して、まばらな人出でした。到着した時点ですでに空からポツポツと雨が落ち始め、厳しい状況。

 そんな中、アスパムのすぐ東側の小屋にたどり着いた瞬間、思わず「う〜〜ん」と唸ってしまいました。北村麻子さんのねぶたが目の前に現れ、こりゃいいわ!と膝を叩く始末(ほんまかいな)。
 昨年、ねぶた大賞を初受賞した経験が更にパワーアップして出てきたなという印象です。顔の表情が実にイイ。女性とは思えない男勝りした力強さ(と言えば、差別的だと言われるのかな?)が有ると思いませんか? まだ30代中盤という若さ。この先50年は感動出来そうデス。
 あ、110歳で観るのは“ちょっと”厳しいかな〜。

(8/4) 
過去の「How Are You !」(2001年8月〜)はココをクリックして下さい


病室1 病室2
個室の窓側はこんな感じ 個室の廊下側
ドクターヘリ出動
ちょうど正面下がドクターヘリの発着所で5回ほど飛び交いました
病院食 術後
久しぶりの病院食。う〜ん、質素ですね 術後、部屋に戻って、こんな感じでした

ごきげん、いかがですか!! I'm fine thank you!?

 1年くらい前から違和感を覚えた右目の白内障が、だんだん白いモヤが強くなり、我慢できないほど見えづらくなったので、ついに手術の決断しました。
 7/30に入院し、翌31日に手術、翌々8/1に退院という二泊三日のスケジュールでした。

 複数の手術経験者から「たいしたことないよぉ〜」と優しい言葉を掛けられて、その気になってましたが、正直なところ「たいしたこと、あったよぉ〜」が感想です。

 右耳下に打った麻酔注射はジグッ!ときたし、直後に目に掛けられた液体がピリピリ&ヒリヒリして思わず担当医師に「コレ、どれだけ続くの?」と尋ねたり、メスが入った時にキュィ〜ンとした痛みが有りました。「たいしたことない」には素直に頷けない。上記の瞬間、肩に力が入りました。目というとてもデリケートな部分への手術だけあって、緊張しますよ。

 私がアドバイスするならば、歯医者で虫歯を抜く時ぐらいの心構えをしてね、でしょか。

 でもね、やって良かったです。痛いのはほんの少しの時間です。これさえ我慢すれば、それまで悩まされた目の見えにくい辛さが解消するんですから、メリットは非常に有ると言えます。右目の眼帯が取れた時、見えた景色は実にクリアーで「コレだよ、コレ」と小躍りしそうになったほどです。

 2016年から17年にかけて1年間入院した経験が生きて、それに比べると、二泊三日は苦痛の少ない入院でした。何と言っても、退院のメドが最初から付いているのは精神的に大きいですね。

 とはいえ、やっぱり自宅がイイ。目薬3種を一日4回やらなければいけないのが、ややこしいけど、家がイイ。健康第一ですね。

 白血病、白内障………。なにか感じません?「白い」病気づいてます。
 次はどんな「白」病気になるんでしょか?

(8/3) 
過去の「How Are You !」(2001年8月〜)はココをクリックして下さい


祭り掲示板
祭りポスターが増加中

ごきげん、いかがですか!! I'm fine thank you!?

 青森ねぶた祭りまで一ヶ月を切り、県内各所の祭りポスターが会社の掲示板で増殖中です。
 現在、貼られているのが青森ねぶた、八戸三社大祭、黒石ねぷたのみですが、これ以外に弘前ねぷた、五所川原の立佞武多など、まだまだあるので、今後のスペース争奪戦が気になります(って、自分だけかも:わはは)。

 人混みがイヤだとか、なんやかんや言っても、結局、自分は祭りが好き。7月末に白内障手術を控え、青森ねぶた祭りが見られるかがちょっと微妙な状況ではありますが、時間が作れたら、ぜひ、足を運ぼうと思います。今だからカミングアウトしますけど、11年前の2007年1月に移植した時、無菌室で一人、パソコンに入っていたねぶた囃子を聴いて、ついホロッと涙しました。当時、移植に失敗したら、8月のねぶたは見られないなぁ〜と思うと囃子が妙に悲しく聴こえてきて、小噴水したものです。

 ところが、無事、シャバに戻ることができ11回目の夏が目前です。無菌室での出来事があったからこそ、観に行かなくちゃと強く思います。

 あとね、祭り期間中に青森港には豪華客船が接岸するんですが、船内見学会の募集を広報「あおもり」で見て、興奮しつつ申し込みました。往復ハガキを送って抽選という狭き門ですが、密かに当たらないかな〜と神にも祈る心境です。申し込んだのはダイヤモンド・プリンセス(8/2、募集40名)、ぱしひっくびいなす(8/4、募集80名)、にっぽん丸(8/5、募集45名)。これらのどれか一つでも当選して欲しい。できれば全部!

 神様!力を下さい!・・・ココからは追伸。残念ながら見事に4つの申し込みすべてが落選しました。やっぱ競争率、厳しかった。怒ったぞぉ〜。こうなったら見学じゃなくて、客として乗るしかない!サッカーくじを当てなくちゃ!

(7/12) 
過去の「How Are You !」(2001年8月〜)はココをクリックして下さい



骨髄バンク・ドナー登録のお願い
 2006年6月2日「骨髄異形成症候群:MDS(前白血病、あるいは、くすぶり型白血病ともいう)」と宣告されました。この病気は血液が正しく造られなくなるという病気で、血液のガンとも言われています。
 約半年の抗ガン剤治療ののち、新年早々(2007年1月11〜12日)に末梢血幹細胞移植を行なって、復帰を目指すことになりました。皆さまからいただいたたくさんの激励に応えるべく、頑張ります。どうか引き続き、応援よろしくお願いします。

 MDS格闘記(闘病記)を2006年12月からアップしています。トップページ左のメニューからお入りください。同じ病気の方の参考になればと思います。ただし、治療方法は、患者の状態、あるいは病型により千差万別ですから、私が経験したものと同じとは限りません。その辺を良くご理解のうえ、ご覧ください。(2006年12月記)

 2007年5月末に退院しました。現在、通院治療中です。まだまだ安心できませんが、数年後の完治を目指して頑張っています。なお、同じ血液疾患でHLA型が一致する血縁者がいなくて、骨髄バンクにすがる思いで患者登録する方が、まだたくさんいます。これらの方々が救われるために、もっともっと大勢の健康な方にドナー登録をお願いします。(2007年7月記)

 ※「あすぱむ合衆国」メインページはこちらをクリック

骨髄移植推進財団 さい帯血バンク ドナーズネット 中溝裕子さんの元気になるHP
骨髄移植推進財団
(骨髄バンク)
さい帯血バンク ドナーズネット MDSを克服した
中溝裕子さんのHPです
夏目雅子ひまわり基金
カウンター